キミエホワイトプラス 市販

キミエホワイトプラスは、市販のものとはどう違うの?

ドラッグストアや薬局へ行くと、L−システインを含んだサプリメントをいくつか目にしますよね。

 

キミエホワイトプラスじゃなくても、店頭販売しているものだってしみに効果があるのでは?そう思うのもごもっとも。

 

ですが、キミエホワイトプラスは市販のサプリメントよりも効果を期待できる理由があるんです!

 

市販のものよりキミエホワイトのほうが優れている点とはどういうところなの?

 

では、キミエホワイトプラスと市販のサプリメントの違いを見てみましょう。

 

 

【しみに効果のある有効成分の含有量が優れている!】

 

しみに効果がある成分はL−システイン。L−システインは、しみの原因となる黒色メラニンの生成を抑えて外に排出するという大事な役割を果たします。

 

しみ・そばかすに効果のあるサプリメントには絶対に欠かせない成分です。どの商品を選ぶとしても、このL−システインの含有量が一番気になりますよね。

 

キミエホワイトプラスは、このL−システインの1日あたりの摂取量が240mg。市販のサプリメントに比べて、その含有量はトップクラス。

 

では、その他の有効成分はどうでしょう。

 

しみ・そばかすに効くサプリメントの多くには、Lーシステイン以外にも、あと2つの有効成分が含まれています。

 

まず、アスコルビン酸とよばれるビタミンC。この成分はL−システインと同じような働きをします。L−システインと助け合って、しみに働きかけるのです。

 

そしてパントテン酸カルシウムという有効成分も、肌の新陳代謝を促して、肌を整えるという大事な成分。

 

キミエホワイトプラスは、この2つの有効成分も他の市販品に比べて多く含まれています。

 

L−システインも他の有効成分の含有量も、しみ・そばかすに効くサプリメントの中ではトップクラス!

 

店頭販売されているL−システインのサプリメントは、キミエホワイトプラスの有効成分含有量にはかないません。

 

 

【キミエホワイトプラスはなぜそんなにすごいのか?】

 

どうしてキミエホワイトプラスは市販のものより優れているのでしょう?有効成分の含有量が多いのは分かったけれど、その理由は?

 

それは、キミエホワイトプラスの分類にヒントがあります。

 

キミエホワイトプラスは、厚生労働省により有効成分が承認されている第3類医薬品。

 

予防を目的とした医薬部外品と違い、第3類医薬品は治療を目的としています。

 

そこが、キミエホワイトプラスと市販品の違いの大きなポイント。

 

しみ・そばかすを予防するサプリメントではなく、しみを治療するというお薬の分類なのです。

 

第3医薬品に分類されているキミエホワイトプラスだから、他の店頭販売品よりも有効成分の含有量が多いんですね、納得!

 

 

【まとめ】

 

店頭販売されている市販品でも、L−システインのサプリメントはあります。ですが、それはあくまで予防が目的。

 

第3医薬品のキミエホワイトプラスなら、しみやそばかすを「治療する」のが目的ということになります。

 

予防するサプリメントよりも、治療する薬のほうが効果が期待できるのは当然ですよね!

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら

関連ページ

キミエホワイトプラスはどこで買える?薬局やドラッグストアでの販売状況
キミエホワイトプラスを購入するなら、お得な公式サイトで!販売店や薬局、ドラッグストアでは取り扱いがないことも。薬局やドラッグストアで買えるのか、販売店を調査しました!